Uipathでテキストファイルを操作する方法まとめ

Uipathでテキストファイルの中身を読み込む、書き込む方法を紹介します。

>>Uipathでの文字列操作方法まとめ
>>Uipathでの入力ダイアログの操作方法まとめ
>>Uipathでのファイル操作方法まとめ
>>Uipathでのフォルダ・ディレクトリ操作方法まとめ
>>Uipathでテキストファイルを操作する方法まとめ
>>UipathでCSVを読み書きする方法やパラメータまとめ
>>Uipathでクリップボードを操作する方法まとめ
> >>UipathでのEXCEL操作方法まとめ
>>UipathでEXCEL表にフィルターかける操作方法まとめ
>>Uipathでの小技

テキストファイルの中身を読み込む方法

Uipathでテキストファイルの中身を読み込むには、「テキストファイルを読み込む」または「ReadTextFile」を使います。

<パスの有無を確認>
・エンコーディング:”SJIS”
・パス:”C:\wk\test1.txt”
・出力:a

ここでは、C直下のwkフォルダ内にあるtest1.txtを読み込んで変数aに格納しています。aの内容はメッセージボックスなどに出力することもできます。

テキストファイルに書き込む方法

Uipathでテキストファイルの中身を読み込むには、「テキストファイルを書き込む」または「WriteTextFile」を使います。

<パスの有無を確認>
・エンコーディング:”SJIS”
・パス:”C:\wk\test1.txt”
・入力:a

ここでは、C直下のwkフォルダ内にあるtest1.txtに変数aに格納してある内容をそのまま書き込んでいます。入力には”テスト”のように直接文字をセットしておくことも可能です。

Uipathでテキストファイルを操作する方法まとめ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。