Uipathでのフォルダ・ディレクトリ操作方法まとめ

Uipathでのフォルダ・ディレクトリの操作方法をいくつか紹介します。

>>Uipathでの文字列操作方法まとめ
>>Uipathでの入力ダイアログの操作方法まとめ
>>Uipathでのファイル操作方法まとめ
>>Uipathでのフォルダ・ディレクトリ操作方法まとめ
>>Uipathでテキストファイルを操作する方法まとめ
>>UipathでCSVを読み書きする方法やパラメータまとめ
>>Uipathでクリップボードを操作する方法まとめ
> >>UipathでのEXCEL操作方法まとめ
>>UipathでEXCEL表にフィルターかける操作方法まとめ
>>Uipathでの小技

フォルダの存在確認をする方法

Uipathでファイルやフォルダの存在確認をするには、「パスの有無を確認」または「PathExists」を使います。

<パスの有無を確認>
・パス:”C:\wk”
・パスの種類:フォルダ(Folder)
・出力:a

ここでは、C直下のwkフォルダが存在するか確認しています。確認結果はaと言う変数に格納されます。存在する場合はtrue,存在しない場合はfalseが格納されます。

日付つき名称でフォルダ・ディレクトリを作成する方法

日付つき名称でフォルダ・ディレクトリを作成するには、「ディレクトリを作成」または「CreateDirectory」アクティビティを使います。

アクティビティを設置して、以下のようにプロパティを設定します。

・ディレクトリ パス
“C:\wk\test” & DateTime.Now.ToString(“yyyyMMdd”)

ここではtestフォルダを日付つきで作成しています。例えば2019年1月2日なら、test20190102と言うフォルダ名で保存されます。
DateTime.Now.ToString(“yyyyMMdd”) 」が日付を表しています。

時刻付きでコピーしたい場合には日付の部分を「 DateTime.Now.ToString(“hhmmss”) 」としてください。日付時刻両方を付与する場合には「DateTime.Now.ToString(“yyyyMMddhhmmss”)」としてください。

フォルダ・ディレクトリを削除する方法

Uipathでファイルをフォルダ・ディレクトリを削除するには、「削除」または「Delete」アクティビティを使います。

アクティビティを設置して、以下のようにプロパティを設定します。

・パス
“C:\wk\test20190102”

ここではtest20190102というフォルダを削除しています。

Uipathでのフォルダ・ディレクトリ操作方法まとめ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。