Excelで日付を取得・操作する関数まとめ

Excelで日付を取得・操作する関数をいくつか紹介します。

<参考>
>>Excelでよく使う関数まとめ
>>Excelで文字列を操作する方法や関数まとめ
>>Excelで日付を取得・操作する関数まとめ
>>
Excelでフィルタで絞った行の操作方法まとめ
>>Excelでエラーや#N/Aを操作する関数まとめ
>>Excelでよく使うショートカットキーまとめ

今日の日付(年月日)を取得する方法

ここでは、Excelで今日の日付を取得する方法を紹介します。

日付を取得するには、TODAY関数を使います。「=TODAY()」と記述することで今日の日付を取得出来ます。

今日の日付と時刻を取得する方法

ここでは、Excelで今日の日付と時刻を取得する方法を紹介します。

日付と時刻を同時に取得するには、NOW関数を使います。「=NOW()」と記述することで今日の日付と時刻を取得出来ます。

現在の年を取得する方法

ここでは、Excelで現在の年を取得する方法を紹介します。

現在の年を取得するには、YEAR関数を使います。「=YEAR(TODAY())」と記述することで今日の日付から年の部分だけを取得出来ます。

現在の月を取得する方法

ここでは、Excelで現在の月を取得する方法を紹介します。

現在の月を取得するには、MONTH関数を使います。「=MONTH(TODAY())」と記述することで今日の日付から月の部分だけを取得出来ます。

現在の日付から日だけを取得する方法

ここでは、Excelで現在の日付から日だけを取得する方法を紹介します。

Excelで現在の日付から日だけを取得するには、DAY関数を使います。「=DAY(TODAY)」とすることで今日の日付から日だけを取得出来ます。

現在の日付から曜日を取得する方法

ここでは、Excelで現在の曜日を取得する方法を紹介します。

現在の曜日を取得するには、現在の日付を取得するTODAY関数と曜日を取得するWEEKDAY関数を使います。

WEEKDAY関数は現在の日付から曜日の値を数字で返します。例えば日曜日なら1を、月曜日なら2と言う風に数字で返します。

そのため、ここでは「=SWITCH(WEEKDAY(TODAY()),1,”日曜日”,2,”月曜日”,3,”火曜日”,4,”水曜日”,5,”木曜日”,6,”金曜日”,7,”土曜日”)」とします。SWITCH関数は取得した結果の値から条件分岐し、返す値を変える関数です。ここでは1という数字だった場合、日曜日を、2と言う数字だった場合は月曜日と言う文字を返します。

これで現在の日付から曜日を取得出来ます。

現在の時刻から時、分、秒を取得する方法

ここでは、Excelで現在の時刻から時、分、秒を取得する方法を紹介します。

まず現在の時刻を取得するには、NOW関数を使います。NOW関数で現在の日時が取得できます。NOW関数と組み合わせて、「時」を取得するにはHOUR関数で「=HOUR(NOW())」と書きます。

「分」を取得するには「=MINUTE(NOW())」、秒を取得するには「=SECOND(NOW())」と記述します。

これで現在の日時から、時、分、秒を取得できます。

現在の日付の1カ月後・1ヵ月前の日付を取得する方法

ここでは、Excelで現在の日付の1カ月後の日付を取得する方法を紹介します。

現在の日付から1カ月後の日付を取得するには、現在の日付を取得するTODAY関数と月の加減算が出来るEDATE関数を使います。

これらの関数を使って、「=EDATE(TODAY(),1)」とすることで現在の日付に1ヵ月足した日付を取得できます。

また、この関数を使って、「=EDATE(TODAY(),-1)」とすることで現在の日付から1ヵ月引いた日付を取得できます。

※「=EDATE(TODAY(),1)」だけ書くと数字が出る場合があります。その時は、セルを右クリックして、セルの書式を日付に変更してください。

現在の日付から月末日を取得する方法

ここでは、Excelで現在の日付から今月の月末日付を取得する方法を紹介します。

現在の日付から今月の月末日付を取得するには、現在の日付を取得するTODAY関数と月末の日付を取得できるが出来るEOMONTH関数を使います。

これらの関数を使って、「=EOMONTH(TODAY(),0)」とすることで現在の日付から、今月の月末日を取得出来ます。

※「=EOMONTH(TODAY(),0)」だけ書くと数字が出る場合があります。その時は、セルを右クリックして、セルの書式を日付に変更してください。

ある日付からある日付までの日数を取得する方法

ここでは、Excelである日付からある日付までの日数を取得する方法を紹介します。

日数を取得するには、DAYS関数を使います。

例えば、C2セルとC3セルに入力された日付の間の日数を取得したい場合には、「=DAYS(C3,C2)」と記述します。日数はC2-C3と言う計算になるので順番に注意してください。

Excelで日付を取得・操作する関数まとめ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。