PowerPointでよく使うショートカットキー

PowerPointでよく使うショートカットキーを紹介します。
>>Wordでよく使うショートカットキー

スライドを追加する

ここでは、PowerPointでスライドを追加するショートカットキーを紹介します。

PowerPointでスライドを追加するには、「Ctrlキー」+「M」を同時に押してください。スライドが追加されます。

アウトラインを表示する

ここでは、PowerPointでアウトラインを表示するショートカットキーを紹介します。

PowerPointでアウトラインを表示するには、「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「tabキー」を同時に押してください。アウトラインが表示されます。

図形をグループ化する

ここでは、PowerPointで図形をグループ化するショートカットキーを紹介します。

PowerPointで図形をグループ化するには、「Ctrlキー」+「G」を同時に押してください。現在選択している図形を1つのグループにすることが出来ます。

図形のサイズを変更する

ここでは、PowerPointで図形のサイズを変更するショートカットキーを紹介します。

PowerPointで図形のサイズを変更するには、「Shiftキー」+「↑」や「↓」、「←」や「→」を押してください。図形の大きさを変更できます。

図形を回転させる

ここでは、PowerPointで図形を回転させるショートカットキーを紹介します。

PowerPointで図形を回転させるには、「Altキー」+「←」や「→」を押してください。図形を回転させることができます。

ガイドやグリッドを表示する

ここでは、PowerPointでガイドやグリッドを表示するショートカットキーを紹介します。

まずグリッドです。PowerPointでグリッドを表示するには、「Shiftキー」+「F9」を同時に押してください。そうすることでグリッドが表示されます。もう一度「Shiftキー」+「F9」を押すとグリッドが非表示になります。

続いてガイドです。PowerPointでガイドを表示するには、「Altキー」+「F9」を同時に押してください。そうすることでガイドが表示されます。もう一度「Altキー」+「F9」を押すとガイドが非表示になります。

スライドショーを実行する

ここでは、PowerPointでスライドショーを実行するショートカットキーを紹介します。

PowerPointでスライドショーを実行するには、「F5」を押してください。これだけでスライドショーが実行可能です。

スライドショーで写した画面を拡大・縮小する

ここでは、PowerPointでスライドショーで写した画面を拡大・縮小するショートカットキーを紹介します。

PowerPointでスライドショーで写した画面を拡大・縮小するには、スライドショーの実行中に「Ctrlキー」+「+」か「ー」を押してください。そうすることでスライドが拡大・縮小されます。

スライドショーを実行中にペンで書き込みする

ここでは、PowerPointでスライドショーを実行中にペンで書き込みするショートカットキーを紹介します。

PowerPointでスライドショーを実行中にペンで書き込みするには、スライドショーの実行中に、「Ctrlキー」+「P」を同時に押します。そうすることでマウスのアイコンがペンモードになり、自由に書き込みできます。書き込みした文字はスライドショーの最期に保存するかどうか聞かれます。

ちなみに書き込みした文字を消したい場合には、「E」を押すと消すことが出来ます。

スライドショーを実行中にマウスのアイコンをレーザポインターにする

ここでは、PowerPointでスライドショーを実行中にマウスのアイコンをレーザポインターにするショートカットキーを紹介します。

PowerPointでスライドショーを実行中にマウスのアイコンをレーザポインターモードにするには、「Ctrlキー」+「L」を同時に押します。そうすることでマウスのアイコンがレーザーポインターモードになります。

PowerPointでよく使うショートカットキー” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。