Wordでよく使うショートカットキー

Wordでよく使うショートカットキーをいくつか紹介します。
>>PowerPointでよく使うショートカットキー

文字を検索する

ここでは、Wordで文字を検索するショートカットキーを紹介します。

Wordで文字を検索するには、「Ctrlキー」と「F」を押します。検索したい文字を入力して検索することで検索が実行できます。

文字にアンダーライン(下線)を引く

ここでは、WordやExeclで文字にアンダーラインを引くショートカットキーを紹介します。

WordやExeclで文字にアンダーラインを引くには、アンダーラインを引きたい文字を選択して「Ctrlキー」+「U」(Underと言う意味だったと思います)を同時に押します。これで選択した文字の下にラインが引かれます

文字を斜めにする

ここでは、WordやExeclで文字を斜めにするショートカットキーを紹介します。

WordやExeclで文字を斜めにするには、斜めにしたい文字を選択して「Ctrlキー」+「I」(ITALICと言う意味だったと思います)を同時に押します。これで選択した文字が斜めになります。

文字を太字にする

ここでは、WordやExeclで文字を太字にするショートカットキーを紹介します。

WordやExeclで文字を太字にするには、太字にしたい文字を選択して「Ctrlキー」+「B」(Boldと言う意味だったと思います)を同時に押します。これで選択した文字が太字になります。

改ページする

ここでは、Wordで改ページするショートカットキーを紹介します。

Wordで改ページするには、「Ctrlキー」+「Enterキー」を同時に押します。今カーソルのあるところで改ページされます。

複数行を範囲選択する

ここでは、Wordで複数行を範囲選択するショートカットキーを紹介します。

Wordで複数行を範囲選択するには、「Shiftキー」+「↑」もしくは「↓」を同時に押します。すると行単位で文字を範囲選択できます。続けて「↑」もしくは「↓」を押すことで複数行の選択が可能となります。

任意のページに移動する

ここでは、Wordである任意のページに移動するショートカットキーを紹介します。

Wordである任意のページに移動するには、「Ctrlキー」+「G」を同時に押します。任意のページを指定してページ移動します。

1つ前のページに移動する

ここでは、Wordで1つ後ろのページに移動するショートカットキーを紹介します。

Wordで1つ後ろのページに移動するには、「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「↓」(PgDn)を同時に押します。そうすることで1つ後ろのページに移動することが出来ます。

ちなみに、1つ先のページに移動するには、「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「↑」(PgUp)を同時に押します。そうすることで1つ先のページに進むことが出来ます。

1つ先のページに移動する

ここでは、Wordで1つ先のページに移動するショートカットキーを紹介します。

Wordで1つ先のページに移動するには、「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「↑」(PgUp)を同時に押します。そうすることで1つ先のページに進むことが出来ます。

ちなみに、1つ後ろのページに移動するには、「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「↓」(PgDn)を同時に押します。そうすることで1つ後ろのページに進むことが出来ます。

Wordでよく使うショートカットキー” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。